MENU
MENU

女性ホルモンを知ってバランス改善、セルフメディケーションでできること ~メカニズム編~

女性の美しさと健康に関わる女性ホルモン。妊娠・出産にも深く関わる重要なホルモンで、月経の周期、ライフステージによって分泌量が変化します。実は自律神経とも関わりが深いのです。自律神経のバランスが崩れると、ホルモンバランスも崩れて、女性特有の不調が現れることも。女性ホルモンのバランスの乱れを防ぐためには、女性ホルモンのメカニズムを知ることから。毎日の生活の中に、不調を改善するヒントが見つかるかもしれません。

女性ホルモンってなに?

ホルモンとは、生体の機能を調整するために分泌される化学物質のこと。100種類以上あるホルモンの中で、卵巣で作られているものが女性ホルモンです。卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の2つがあります。エストロゲンは、女性らしいからだを作り、髪や肌をすこやかに保ち、骨や血管を強くして、心身の健康を支える働きがあります。プロゲステロンは子宮内膜を整え、基礎体温を上昇させるなど、妊娠をサポートする働きがある一方、眠くなったり、食欲過多、イライラや気分の落ち込みなどを引き起こします。

月経前症候群(PMS)は女性ホルモンの変動が原因

女性ホルモンの分泌量は、約1カ月のサイクルで変動して、月経や排卵、妊娠に深く関わります。卵胞ホルモン(エストロゲン)は、月経の終わりごろから排卵までの間に多く分泌され、排卵から次の月経までは黄体ホルモン(プロゲステロン)が多く分泌されます。このときに、月経前症候群(PMS)が起こりやすくなります。PMSは、社会生活に影響を及ぼすほどの身体的・精神的な症状が生理前に決まって表れ、月経が始まると解消するものです。イライラ、不安、倦怠感、集中力の低下、胸の張りや下腹部の張り、むくみ、頭痛、腹痛など、人によってさまざまな症状があります。10代の思春期にPMSの症状が多いという報告もあります。月経前に女性ホルモンが急激に低下することが関係していますが、それだけでなく多くの要因が絡んでいると考えられています。

<月経前症候群(PMS)の主な症状>

イライラ、抑うつ、不安、眠気、集中力の低下、睡眠障害、のぼせ、食欲不振・過食、めまい、倦怠感、腹痛、頭痛、むくみ、お腹の張り、乳房の張り

ライフステージと女性ホルモンの関係 ―更年期の不調―

女性ホルモンの分泌量は10代の初経から増えはじめ、20代後半から30代前半でピークを迎え、以降は緩やかに減少します。いわゆる更年期と呼ばれる40代後半から50代後半になると、卵胞ホルモン(エストロゲン)が急激に低下することで、さまざまな心身の不調を感じるようになります。症状がひどく治療が必要なケースを、更年期障害といいます。女性ホルモンは卵巣から分泌されていますが、その指令を出しているのは、脳の視床下部です。視床下部はからだの代謝や体温調節、ホルモン分泌の中枢をコントロールしている自律神経の中枢でもあります。卵巣の機能が衰えると、ホルモンがつくられないことに対して、視床下部が過剰に指令を出すため、自律神経のバランスが崩れて、さまざまな障害がおこります。

<更年期障害の主な症状>

頭痛、めまい、不眠、不安、うつ、倦怠感、集中力低下、ほてり、のぼせ、冷え、動悸・息切れ、湿疹、発汗、のどの渇き、ドライアイ、吐き気、下痢・便秘、胃もたれ・胸やけ、肩こり、腰痛、関節痛、月経異常、頻尿、性交障害

20代、30代は、自律神経の乱れに注意 食事・睡眠・運動でバランスをとろう

ホルモンバランスが安定する20代後半から30代前半にも、生理不順やPMS、更年期に似た症状を訴える人は少なくありません。この時期は仕事も忙しく、生活が不規則になったり、職場環境などのストレスを感じることも多いのではないでしょうか。自律神経の乱れは、女性ホルモンのバランスの乱れにも大きく関係しています。卵巣にホルモンを作るように指令を出しているのは、脳の視床下部や下垂体です。視床下部の命令によって下垂体が分泌する卵胞刺激ホルモンと黄体形成ホルモンが卵巣に届いて、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)を分泌させます。視床下部は自律神経の中枢でもあるので、自律神経と内分泌系はお互いに影響し合っているのです。自律神経のバランスを整えるためには、ストレスをためない、健康的な食事をとる、十分な睡眠をとる、適度な運動をすることがあげられます。また、喫煙は、赤ちゃんが安全に育つ健康的な母体をつくるという観点からも改善したい習慣です。

——— Keyword ———キーワード