MENU
MENU

生理前のイライラ・だるさ「月経前症候群(PMS)」の改善策を教えて!

月経前症候群(PMS)を知っていますか?公益社団法人日本産婦人科学会によると「月経前、3~10日の間続く精神的あるいは身体的症状で、月経開始とともに軽快ないし消失するものをいいます」と説明されています。

毎月、生理前になると”だるい””眠い”とか”イライラする”ことがある女性は、かなりの数いるのではないでしょうか?そして「生理だからしかたない」と諦めている人も多いとおもいます。でも、実はこの症状、婦人科の病気のひとつに挙げられているのです。今回は、月経前症候群(PMS)の症状や対策についてご紹介します。

生理前の心と体の不調あれこれ。月経前症候群(PMS)の症状とは?

月経前症候群(PMS)の症状には、精神的なものと身体的なものの2つがあります。

精神神経症状は、イライラしたり、憂鬱になったり、集中力がなくなったり、不安を感じたり、倦怠感がある、情緒不安定になることがあります。

身体的な症状としては、腹痛や腰痛、乳房や腹部の張り、頭痛、便秘、むくみ、肌荒れ食欲が減る・増す、めまいが起こります。

不調を感じる時期は生理がはじまる3〜10日ぐらい前で、人によって、またその月の体調によって不調の期間や症状の重さが異なります。

月経前症候群(PMS)の原因は?

月経前症候群(PMS)の原因は、女性ホルモンの変動が影響していると考えられています。排卵後の黄体期前半は、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)が多く分泌されます。さらに黄体期後半は、このふたつの女性ホルモンが急激に減るため、ホルモンバランスが崩れたり神経伝達に異常が起きたりする場合があると考えられているのです。

そもそも黄体期に増えるプロゲステロンは、妊娠を助けるホルモン。妊婦さんが安静に過ごし、受精卵が育ちやすくするように、睡眠を促したり、受精卵子宮内膜を柔らかくしたり、体内に栄養を溜めたりする働きがあります。この女性ホルモンの作用が月経前症候群(PMS)のひきがねにもなっていると考えられます。

月経前症候群(PMS)の解消方法や治療方法は?

月経前症候群(PMS)は、症状や期間に個人差があるので、自分に合う対処法を見つけてみてください。

<PMS対策の基本のき>

まずは自分の不調リズムを知ることからはじめてください。例えば、基礎体温を測り、その日の体調をメモしてみましょう。数ヶ月繰り返すことで、傾向が見えてくると思います。月経前症候群(PMS)になる時期は、予定を減らすなど対策も打てるようになります。

また月並みですが、規則正しい生活や食生活を心がけ、なるべく生活リズムを一定になるように生活全体を見直してください。

<対策1 リラックスと休息>
そしてまず、月経前症候群(PMS)の症状を緩和するのに大切なのはリラックスすること。心と体の症状が出たら「わたしは今、月経前症候群(PMS)だな」と理解し、「このイライラと眠気はそれが原因。しかたない」と思えば、不思議と気持ちが楽に。黄体期は、ストレスを溜めず、趣味を楽しんだり、アロマを嗅いだり、エステに行ったりしてみてください。

そして体の症状に対しては休息も必要。つらい時は思い切って休んでください。睡眠を十分にとりましょう。仕事中、眠気や倦怠感がつらい時は、デスクで15分間眠るだけでも違います。

<対策2 ぬるめのお風呂>

副交感神経の働きを活発にしてくれるぬるめのお湯に浸かってください。一緒に、アロマなどで香りを楽しんでみるとより効果的です。お風呂に入る時間がない時などは、蒸しタオルで首もとなどを温めてもOK。リラックス効果があります。

月経前症候群(PMS)で日常生活に差し支えがあるほど重症な場合は、我慢せず、婦人科での投薬治療を検討しましょう。低用量ピルなどの低用量経口避妊薬などを服用することで、一時的に排卵を止めることで、女性ホルモンの変動を抑えてPMSの症状を和らげる治療があります。薬の服用を止めればすぐに排卵が再開するので、妊娠に影響はありません。

心と体の症状に関しては、むくみに対しては利尿剤、痛みに対しては鎮痛剤、精神的な症状には精神安定剤などの薬も処方してもらえます。病院によっては、当帰芍薬散、桂枝茯苓丸などの女性に効果的な漢方を出してくれるところもあるので、つらい時は我慢せずに受診してみてください。

——— Keyword ———キーワード